忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

婚約解消時の小話

「待って下さい、ラオ兄様」
 普段なら淑女として己を律している少女が、スカートの裾が翻るのも構わず、兄と慕う青年を大声で呼び止める。
 足を止めた青年、ラオフェントは、少女を見て苦笑を浮かべた。
「こらこら、フィー。淑女がそんな風に走ってはいけないよ」
 ラオフェントに追い付いた少女、フィリネグレイアは眉間に皺を寄せ、ラオフェントを睨んだ。
「今、ラオ兄様を逃がしたら、次は何時お会い出来るか分かりませんから。焦っていつもなら絶対にしない事をしてしまっても、それは仕方のない事だと思います。それに、他に人がいる時はきちんと早歩きで来ましたからご心配なく」
 フィリネグレイアの返しにラオフェントはカラカラと笑った。
「少し会わない内にまた口が上手くなったみたいだね」
 フィリネグレイアは溜息をついて左手の人差し指と中指をこめかみに当てた。
 自分が何の為にラオフェントを追いかけて来たのか分かっているだろうに、直ぐに自分の用件を聞こうとしない。
 のらりくらりとかわそうとするラオフェントに溜息が出た。
「ラオ兄様、どうして私との婚約を破棄する事にしたのか、詳しく説明して頂けますか」
「さっき話した通りだよ」
「あれだけで私が納得するとお思いになっているというのでしたら、ラオ兄様は随分と私を軽視されていたという事ですね。私、非常に悲しいです」
 怒りを前面に押し出して、フィリネグレイアは言った。
 ラオフェントは彼女の怒りを受けても、変わらず穏やかな声音で言う。
「君を軽視しているわけないじゃないか。フィーは私にとって大事な人だよ」
「それでしたら、どうして私との婚約を破棄なさるのですか?」
 ラオフェントとフィリネグレイアは両家の繋がりを強めるために幼い頃に婚約を交わしていた。来年にはフィリネグレイアは女学校を、ラオフェントは国立学院を卒業し、その半年後に結婚する予定になっていた。
 久しぶりにオイネット家にラオフェントが訪れ、フィリネグレイアは彼と一緒に父親から2人の婚約を破棄することを告げられた。
 ラオフェントと結婚するのだと思っていたフィリネグレイアは心底驚いた。
 理由を聞けば、ラオフェントが神官になるためだという。
 ラオフェントの実家は長年優秀な武官を輩出してきた名家で、彼も幼い頃から国軍に入ることを目標に、日々鍛錬に励んでいた。
 だというのに、卒業を目前にして武の道から外れ、神に仕える神官になると言い出したラオフェントの変化に、フィリネグレイアは大きく戸惑っていた。
 何が彼を変えてしまったのだろう。
 それが何なのか、知らなければならないような気がして、フィリネグレイアの胸はざわついて仕方がない。
「うーん。どういえば納得してもらえるかな」
 ラオフェントは苦笑を浮かべつつ、フィリネグレイアに伝えるべき言葉を探す。
「私たちはずっと、用意された道を歩いてきた。その事に不満もなく、自ら進んで差し出されたものを受け取ってきた。けれど、私は自分の進む先にあるものに対して、不満を持ってしまったんだよ。だから、私は別の道を選ぶことにした。軍に入るのではなく、神官になる道をね。」
 ラオフェンとはしっかりとフィリアの目を見据えて言う。
 分かっていたのに、彼からの今まで進んでいた道を否定する言葉に胸が痛んだ。
「ラオ兄様は、軍に入るのが嫌になったのですか?」
 視線が揺れて、しっかりと定まらず、目の前に立っているラオフェンとを見ているはずなのに、フィリネグレイアは彼の姿がはっきりと認識することが出来ない。
 声が震える。
「私との結婚も」
「フィー、君は私にとってとても大事な人だよ。婚約を破棄しても、それは変わらない」
 フィリネグレイアも、婚約を破棄したくらいでラオフェントとの関係が崩れてしまうなどありえないと分かっている。それでも、長年フィリネグレイアの中にあった、彼との婚約は彼女を形作る柱の一つだ。それが奪われてしまうことに、彼女は恐怖を感じていた。
「私のわがままを君に押し付ける形になってしまうが、私はフィーにも自分で選んだ道を歩んでほしいんだ。フィーには多くの可能性が眠っている。それを私との結婚で潰してしまうのはとても惜しい。だから、君は今いる場所から飛び出して、外に目を向けてもらいたい。私と結婚して家庭を守るという、君自身が己に課した檻を壊して」
「ラオ兄様。その言葉は私の生き方を否定されているように聞こえるのですが」
「私はフィーに他の生き方にも目を向けてほしいと思っているだけだよ。そして、新しい道を歩めるだけの強さを君は持っているとも思っている。なんせ、私の大事な妹分だからね」
 そんな言い方はずるいとフィリネグレイアは思った。
 私だから大丈夫なんて期待をされたら、それに応えてしまいたくなる。自分の大事な人であればあるほど、彼らの好意を胸を張って受け止められる人間になるために。
 深く息をはいて、心を落ち着かせる。
 しっかりとこちらの目を見て話すラオフェントには迷いが無い。
 ラオフェントは決意していしまったんだと、フィリネグレイアはようやく納得した。
 もう、彼と共に歩む未来はないのだと。その事をフィリネグレイアは受け入れるしかないのだと。
「たまにはお会い出来ますか?」
「もちろん。しばらくは数年置きになってしまうだろうけれど、会いに来るよ」
 ラオフェントの返答に、フィリネグレイアは笑顔を浮かべた。

 婚約破棄の話をしてから初めてフィリネグレイアが素直に笑ったことに、ラオフェントは心の内で安堵の溜息をついた。
 ラオフェントにとって、フィリネグレイアはとても大事な人だ。
 幼い頃から彼女の双子の兄と共に多くの時間を共有してきた。
 だからこそ、彼女が仕舞い込んでしまっている感情にも気づいた。
 せっかく生まれた彼女のその思いを、彼女自身が認識せずに押し殺してしまっている事にも、気づいてしまった。
 どうしたものかと悩んでいた時にもらった誘い。
 良い機会だと思った。
 フィリネグレイアは外の世界に目を向けるべきだ。彼女が自ら入っている箱の中から出れば、きっと驚くほど多くのものを吸収して大きく成長するだろう。
 それは決して幸せなことばかりではなく、辛く悲しいことも多くあるだろう。苦境に立たされる彼女を守る役割を、自分はもう果たせない。なにより、自分よりも彼女の世界を守ってくれる存在をラオフェントは知っている。
 自分との未来よりも、必ず彼女は幸せになれる。
 この時のラオフェントは、そう、確信していた。
PR

恐れ

 小さい頃。
 自分の感情が制御できなかった頃。
 己の感情を爆発させた。
 そのせいで、母は怪我を負った。



 思うままに泣き叫んだ後、空っぽになった頭の中に入ったのは、少し黒みがかった赤。
 それは床にこぼした水のようにゆっくりと広がっていった。
 どこから流れてきているのだろう、と視線を動かした先に母がいた。
 母は顔を痛みに耐えているように、酷く歪ませている。
 母の方へ行こうとすると、母の歪めていた表情が固まった。まるで、時間が止まってしまったかの様に。
 そして母は小さく呟いた。
 バケモノ、と。


 当然の反応だと分かっている。 これが正常な反応なのだと今なら理解できる。

 だから、自分の力を嫌悪し、再び誰かを傷つけることの無いよう、制御する術も身につけた。

 それでも、母の顔を見る度に、あの時の事を思い出す。

兄が動いた理由

 良い天気だ、と気分良く今日も楽しく仕事をしていた。

 だというのに、昼の休憩を取った数時間後、何故か無性に腹立たしい気分になった。
 自分が腹を立てる理由は思い浮かばない。だから双子の妹であるフィリネグレイアに何かあったのだろう。
 近いうちにミュレアか妹に付いている女官が自分を呼びに来るかな、と思いつつそうならない事を祈りながら仕事をこなす。 

 自分たちは双子として生まれてきたためか、一方に起こった事がもう一方に影響を与える事がある。
 受けた時の衝撃が強ければ強いほど相手に伝わりやすい。
 特にそれが起こりやすいのは感情の場合。
 相手に伝わると言っても、知られたくないと思う感情を相手に伝わらない様に抑える事も出来る。だが、それをするのは意識を集中させなければならない。その上突然起こった場合は防ぎようがない。だからたいていは相手にダダ漏れ状態だ。 
 学生の頃はまだこの能力に関しての認識が甘かった。そして妹の能力についても。そのため妹に大変迷惑をかけてしまった。

 今では感情を制御する術を得ているのであの時の様な状態になることはない。

 自分とは違い、妹はとある事情で幼い頃から感情を制御する術を学んでいた。だからそのため感情を暴走させる事などほとんどなかった。そんな妹が己を制御出来なくなるほど感情を暴走させる事には、決まってあの人が関係していた。

 だから自分は反対したのだ。

 唯でさえ妹の影響を受けているというのに、納得のいかない事を思い出して火に油を注ぐ形になってしまった。
 これはいけないと別の事を考える。 
 外を見ると、強い風が吹いているようで木々が大きく揺れている。
 それがまるで妹の感情の影響を受けているように感じて、心が不安を生む。
 呼ばれるまで待機するなどと悠長なことは言っていられない。

 彼は事の収拾するため、動き出した。
 

綺麗な笑顔は怖いのです。


 彼女がとても綺麗に笑った瞬間、これはヤバいと思った。

 脳裏を過ったのは自分の上司とその妻の一件。
 上司が奥さんを怒らせた時、奥さんはとてもきれいに笑ったそうだ。何も言わず、ただ静かに笑みを浮かべたらしい。
 それに上司は安心してしまった。
 奥さんは上司に対しての怒りを爆発させ、実家に帰ってしまった。ま、兄夫婦のところに逃げ込まれなかっただけ良かった、と後に上司は語ったが。

 そんな奥さんと姉妹のように仲が良く、多大な影響を与えた彼女がそれはそれは綺麗に笑っている。
 ここで俺が何もしなければ、きっと事態は自分にとって悪い方向に向かうだろう。

 そんなのはごめんだ。

 フル回転しつつも一向に俺の頭は良い考えを生み出してくれない。俺は冷や汗をかく。
 笑顔を浮かべたまま、彼女はそれではと言ってどこかへ行こうとする。
 まずいと思った俺は、何も考え付かないまま行動を起こした。

 君が思っている以上に、俺にとって君が大事な存在なんだ。いい加減その事を認識してもらいたいのだが。

未来の話。


「で、結局お前は継がないのか」

「はい。僕は研究者になります。植物の成長を補助する栄養剤生成、栄養価を高める育て方等など研究課題に事欠かないですから父様の跡など継ぐ暇はありません」

「うわ、父上の仕事より植物の研究の方が大事か。どこまでもお前は母上の性質を継いでるな」

「お褒め頂き光栄です」

「褒めてない。でも、お前が継がないとなると、うちの家系も終わりか」

「兄様が継げばいいじゃないですか」

「お前な、俺は聖職者だ。俗世の政治なんかやってる暇はない」

「聖職者が政治を司る時代もありましたよ。やればできますって、兄様なら」

「確かにやればできるかもしれないが、俺は父上達みたいに政治に興味が全くない。むしろ面倒だ。・・・というか、本当にそう思っているなら人の顔を見て言え。こら、どんどん顔を背けるな」

「いやだなぁ、美しい姉様と母様を見ているだけです」

「お前、俺の事嫌いか?」

「嫌いだったら僕の視界から排除しています」

「それは良かった。可愛い弟に嫌われていなくて。だが、本気でお前に嫌われた奴が可哀想だな。まぁ、自業自得だろうが」

「そうですね。自分で僕に嫌われる要素を作りだしたんですから自業自得です。それに別に抹殺すると笑顔で言っているわけではないですから、安心して下さい」

「何に安心すればいいんだ」

「上げ足取らない、気にしない」







「年に数回しか会わなかったのに、妙に性格が似ていると思うのは気のせいかしら」

「兄弟ですし、似ていて当然ではありませんか?わたくしとしては二人が仲良しで大変嬉しいです」

「まあ、確かに上っ面でやり取りしているより本音で話し合えるほど仲が良くて嬉しい限りだけれど。でも、どうしてあの子たち、あんなにひねくれてしまったのかしら。・・・やっぱり、あの人からの遺伝?」

「お父様とお母様の子どもですから」

「・・・」

「はあ、やっぱりホホロ茶は美味しいです」





-----

 思いついたまま書きなぐった。
 こんな息子娘が生まれる未来が来るかもしれない、

覚悟、決心、絶対に勝つ


 さて、1人残されたフィリネグレイアだが、彼女はまだその場に止まる事を選択した。再びしゃがみ込み、カポネラを見つめる。
だが、今回はしっかりと思考し、考えをまとめようとしている。
上王と王太后は国王とフィリネグレイアの様にさまざまな思惑のもとで結婚した。その原因は公然の秘密となっているのだが、それをフィリネグレイアは王女から聞いていた。
 王太后は生まれてからずっと体が弱く、本当なら王妃になる予定は無かったが、彼女の持つ素質に目を付けた臣下が彼女を王妃として国王の伴侶に選んだらしい。詳細は王女もよくは知らないらしいが、やはり何回も衝突があったようだ。それでも、彼らはお互いに想い合い、支え合い、長い年月を共に生きて来た。
 ならば、始まったばかりの自分たちはまだ諦めるには早いのではないか。
 国王に本当に大事な恋人がいたとしても、いないとしても、自分の気持ちをはっきりと伝えてやろう。
 それで王妃候補から外されてしまっても、その時はその時だ。
 国王とその恋人と自分という関係を、深く考え過ぎていなかったか。相手のためだと思い込んで、自分を窮屈な枠の中に押し込めていなかったか。
今は深く考えすぎず、もっと単純に、自分の気持ちに素直になった方が良い方向に進んでいきだ。
国王が契約違反だと言って訴えてきても知るか。あの人が何度も自分を惑わすような行動を起こさなければ、このような事は起こらなかった。自業自得だ。
戦ってやろうじゃないか。
その為にはまず自分を周囲に認めさせ、容易に自分を今の立場から外せないようにするのが効果的だろう。行動の読めない国王よりも簡単に対応できる。
 その為の布石はここにきて着々と用意していた。それを今発揮するときなのだが。さて、行動を起こすならミュレア達を呼んで作戦会議を開かなければ。勝手に行動したら烈火のごとく怒られてしまう。最近はミュレアに加え、彼女に程良く教育された侍女たちや、挙句の果てには女官であるサヴィアローシャにまで小言を言われるようになってしまった。この前は、王宮に出入り出来る下働きの人たちの間に入れてもらって話を聞いていただけなのに、フィリネグレイアを探しに来たトリエに恐ろしく可愛らしい笑みを浮かべたまま部屋へ強制送還された。ミュレアには呆れられ、サヴィアローシャにはどうしてそのような行動をしたのかと問いただされた。女性の働く環境を作る為の情報収集だと反論すると、それらは自分たちがする仕事だと、まさに火に油を注いだ状態になってしまった。
とりあえず、フィリネグレイアのお披露目を兼ねた宴はもう目の前まで迫っている。これを乗り越えれば後は婚儀まであっという間だ。
それまでに決着を付けてやる。
久しぶりに自分らしさを取り戻したフィリネグレイアの目は生き生きといていた。そう、彼女の腹心が見たらきっと大変な事を仕出かすつもりだと危惧するほどに。
彼女はこれからどう行動しようかわくわくしながら思考を巡らせながら部屋へ戻っていった。

予想・・・というか


 フィリネグレイアが部屋に戻ると、室内にはミュレアしかいなかった。これは良い機会だと、フィリネグレイアは彼女に質問する。
「ミュレア、聞きたい事があるの」

 酷く思いつめた表情をしたフィリネグレイアに、ミュレアはまた国王が何かしでかしたのかと思った。彼女の感情をここまで左右する人はそう多くない。

「何でしょうか」

 何やら不吉なものを感じ、この後その対策をしに行こうと考えたところで、フィリネグレイアの爆弾が投下された。

「陛下には本当に恋人がいらっしゃるのかしら」

 見事その爆弾の爆風によって意識が遠くに行きそうになったが、ミュレアは耐えた。

「なぜ、そのような事を?」

 聞かれると思っていたが、どう説明したらいいものか、フィリネグレイアは悩む。
 国王は大事な、それこそ失いたくない人がいると言っておきながら、何故先程の様な行動を自分に対して行うのか。自分は都合のいい隠れ蓑ではなかったのか?
 少し間を開けてからフィリネグレイアは途切れ途切れに言葉を紡ぐ。

「はっきり、これ・・・とは言えないのだけれど。どうも陛下のわたくしに対する行動が不自然な気がして」




――――

 本当は次の話の冒頭にしようと思った話。

 無責任に投下。

 

美しい鳥が去った後


 顔を赤く染めた後俯いてしまった顔をこちらに向けようと無意識に手を伸ばしたが、それが彼女の頬にたどり着く事は無かった。直ぐに彼女は部屋に戻ると言ってあっという間に去ってしまった。
手に入るかと思った瞬間、彼女は自分の手が届く範囲から簡単に逃げてしまう。
 無言で彼女に届かなかった手を握り締め、何を断ち切るような苦悶の表情を浮かべた。それを振り払い、執務室に足を進める。
 それにしても…。

「可愛らしかったな」

 ぽつりと零れた言葉は、誰にも届くことなく空に消えた。

何も出来ない男性陣の会話

 
 ある部屋の中に3人の男性が居り、その中でも黒髪の男性が緊張した雰囲気を醸し出し、重々しい空気を作っていた。

「もう少し気を緩めて下さい。そんなに力んでいたら御子様がお生まれになる前に疲れて倒れてしまいますよ」

「いや、生まれるまでは大丈夫だろう。倒れるとしたらその後だな。倒れて一番最初に御子を抱くのをアルト様に取られてしまう」

 好き勝手に言う2人を睨みつけ、男性は固い声音で言う。 

「倒れないし、子どもとイーシャに会うのは俺が最初だ」

 男性が滅多に見せない独占欲を見せつけられ、2人は苦笑する。

「たまには今回みたいに素直に気持ちを言葉にして下さい。でも、節度は守るように」



・・・


 レポート作成のためにメモ帳見てたらあったので、UPしてみた。

 あと3つ水曜日までに仕上げなきゃ・・・。

不機嫌な国王陛下と兄上様


 何がいけないのだろうか。

 そう、切り出したら幼馴染である彼女の兄にすごく嫌な顔をされた。


「それを心の底から純粋に言っているなら、俺はお前を殴ってしまいそうだ」

「情報を与えて答えに辿り着けるようにしているというのに、彼女の能力を過大評価していたのか」

「お前、愛情表現が歪み過ぎ。…お前あいつに幻滅したならあいつを家に返せ」

「彼女に幻滅はしていないし、返さない。それに、帰るか帰らないかは彼女の意思次第だ」

「何も俺はあいつが王宮で働く事に反対ではないんだ。ただお前のなぁ…」

「俺が嫌ならこの国を出ていけ」

「あのな、俺はお前のこと好きだぞ。じゃなかったら、今頃領土で父上とともに仕事してる」

「そうだな、お前と彼女の忠誠の厚さは分っているつもりだ」

「ならあいつの気持ちも察してやれ」

「俺が気づいていても、本人が気付かなければ意味がないだろう」

「その時は諦めろ」

「無責任な」

「当り前だ。妹の幸せの方が大事だ」

「そこまでいってのける、お前はすごいよ」
 

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
衣織
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
日々のらりくらりと生きてます。

コメと酒の国で生活中。

カウンター

ブログ内検索