忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

再び没案(23話)

 丁重にトリウェルの誘いを断り、フィリネグレイアは一旦自室に戻った。本当は彼と一緒に執務室へ向かったほうが良いのだろうが、彼女はどうしても連れていきたい人物がいた。

「サヴィアローシャ、ミュレアは戻っているかしら」

 部屋に入って直ぐの所にいたサヴィアローシャに問う。何やら急いでいるフィリネグレイアの様子にサヴィアローシャは驚いた。

「え、は、はい。寝室の方にいますが」

 ミュレアの返事を聞いたフィリネグレイアは寝室へ向かう
 フィリネグレイアと共に帰って来たトリエにどうしたのかとサヴィアローシャは目で問いかけるが、彼女も何故フィリネグレイアの様子が昼間と違うのか全く分からない。
 
 寝室に入るとトーチェと共に寝具を整えているミュレアがいた。

「ミュレア、後の仕事は他の者に任せてわたくしと一緒に来なさい」

 何時もなら決してしないフィリネグレイアの高圧的な命令にトリエは驚きに目を見開いた。空いているドアから様子をうかがっていた他の人たちも同じ反応をした。
 言われた本人であるミュレアは特に変わった反応もなく、いつも通りの反応を返す。

「かしこまりました」

 ミュレアの返事を聞いた後、フィリネグレイアは踵を返し寝室を出る。その後にミュレアが続く。

「申し訳ないけれど、ミュレアの分の仕事は皆で分担して行なって下さい」

 そう笑顔で言い残し、フィリネグレイアは部屋を出ていった。ミュレアも一礼して出ていく。
 見送った他の人たちはフィリネグレイアとミュレアの様子に首をかしげながら仕事に戻っていった。
 一方で部屋から出て目的地へ向かうフィリネグレイアは最初の勢いをなくしたままゆっくりした歩みに変えていた。

「お嬢様、先程の態度はまだ彼女たちに見せてはなりません。どこでまた情報が漏れるか」

 他の人に聞こえないように小さな声でフィリネグレイアを叱責した。

「分かっているわ」

 口ではそういいながらも、彼女に反省の色は無く、それを読み取ったミュレアは気づかれないように小さく溜息を吐いた。

「でも、今からわたくしの疑問の答えを陛下からお聞きすることが出来れば、問題ありません」
PR

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
衣織
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
日々のらりくらりと生きてます。

コメと酒の国で生活中。

カウンター

ブログ内検索