忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

俺と彼女の思い出


 今住んでいる町に移り住む前、大きな街に住んでいた頃、俺は彼女に会った。
 彼女は覚えていないだろう。
 数年ぶりに会った俺に、彼女ははじめましてと言った。
 あの時より大人びた笑顔を浮かべて。


 まだ10の年になったばかりの頃だった。
 俺は家族を失った。
 目の前で、俺の家族は死んでいった。
 あの後の記憶はほとんどない。
 気づいた時には、俺は街の孤児院にいた。
 毎日自分に当てられた部屋から外を眺めていた。ぼんやりと、いつまでも。
 ある日、窓の外に一輪の花が置かれている見つけた。
 それから毎日、違う種類の花が一輪だけ、置かれていた。

 どれほど経った頃だっただろうか。
 それまで見るだけだった花を手に取ってぼんやりと眺める様になった。
 暫くそうしていると、1人の小さな女の子が俺の所に来て、俺の持っている花に興味を示した。
 いるか、と聞くと、少女は目を丸くして俺を見た後、力強く頷いた。
 少女にそれを渡してやると、少女は頬を真っ赤に染めて笑った。


 ありがとう、お兄ちゃん


 少女の言葉に表情に心が震えた。
 失った、家族を思い出した。
 それから少しずつ、俺は一緒に住んでいる人たちと会話をするようになった。

 その後も、変わらず窓には花が置かれ続けていた。

 やがて、俺はみんなの中で笑うようになった。
 俺が笑った日の夜、孤児院の院長先生が俺に話した。


 失ったものを取り戻す事は出来ないけれど、新しく作りることは出来る。それは決して悪い事ではないんだよ。傷が癒えるまで、思う存分ここの家族に甘えると良い。そして何時かここを出て新しく作っていくんだ。君の家族を、愛する人を。


 院長先生の言葉に、俺は泣いた。
 大声で泣いて、すがった。
 1人は寂しい。
 1人残されて寂しかった。
 でも、俺に新しい家族が出来た。
 もう、1人ではなくなった。

 次の日の朝。俺は花が窓辺に置かれる前に窓から外を見ていた。
 気になったのだ。誰があの花を置いていたのか。
 そして、大きな籠を持った1人の女の子がやって来た。
 一輪の花を持って。
 窓辺に立っている俺を見て、彼女は驚いた表情をした。
 俺はなんだか居た堪れなくなって彼女から顔を逸らした。
 何やっているんだ、と顔を窓の方に向けると彼女が直ぐ近くに来ていた。そして俺に向かって持ってきた花を差し出している。窓は閉まったままだった。
 俺は慌てて窓を開けた。
 彼女は無言で花を差し出したままだ。
 俺も無言で彼女から花を受け取った。
 すると、彼女は身を翻して走りだした。
 俺は慌てて彼女に向かって叫んだ。


 花を、ありがとう


 彼女は足を止め、俺の方に身体を向けて、大きな声で言った。


 もう、大丈夫だね


 嬉しそうに満面の笑顔を浮かべ、彼女は去って行った。



 それから、窓の外に一輪の花が置かれることがなくなった。
 それから、俺は二輪の花を花瓶に入れて窓辺に置くようになった。

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
衣織
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
日々のらりくらりと生きてます。

コメと酒の国で生活中。

カウンター

ブログ内検索