忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大地が落ちたあと 3


「うん。明日から、また賑やかになるね」
「そうだな」
 少しの間2人は無言で遠くを見つめる。
 先に口を開いたのはオルガだった。
「俺さ、今年は1人でさせてもらえる事になったんだ」
 イファは目を見開き、オルガを見る。
 オルガは照れつつもさっきよりも嬉しそうな顔をしている。驚きで少しの間呆然としていたことに気づいたイファは、慌ててオルガにおめでとうと言う。
「オルガも一人前として認められたんだね」
「一応な」
 明後日にこの集落で飼育している羊たちの毛刈りが行われる予定だ。取れた羊毛は冬を越すための防寒具にもなり、貴重な収入源にもなる。集落の大事な生産物である羊毛を刈るのは大変な重労働だ。
 羊毛は一枚の布の様になるようにきれいに刈らなければならない。そして時間がかかってしまえば、動きを封じられている事に羊はストレスを覚えてしまう。作業は丁寧かつ素早く行う必要がある。
 この作業が出来ると認められるという事は、この集落では成人男性として認められるための1つの通過点となっている。
 オルガは今年で15歳になる。
 つい最近まで一緒に平原を駆け回って遊んでいた幼馴染の成長を感じ、イファは自分の中でしっかりと納まっていた大事なモノに隙間が出来てコロコロと不安定に動くようになってしまった様な、落ち着かない気持ちになった。
 それがどういう思いから生じたのか分かる前に、イファは別の事に思考を向ける。
「オルガは、おじさんの後を継ぐんだよね」
「ああ、そのつもりだよ」
「あの山の向こうへは、行きたいと思わないの?」
 じっとオルガを見つめる。
 イファの表情はとても穏やかだ。だが、どこか寂しそうな印象を受ける。
「別に。今のところ都会に行かなきゃいけない用事なんてないし」
 オルガは山々のほうを見つめながら答える。
 興味が無さそうに答える彼の様子を見て、イファはほっと胸を撫で下ろした。
 集落の若者の多くが都市に行く事に憧れを持っている。女性は憧れのままで終わることがほとんどだが、男性は出稼ぎに出る人たちがいるため女性より高い確率で集落を出ていく。イファの義兄が出稼ぎの成員に入った後、何人か引退し、集落に戻って来ていたが、新たに都市に出ていった者はいない。
 そろそろ新しい成員を選出する話が出ているとイファは義父から聞いていた。  選ばれるのは成人した者。今年、一人前と認められるオルガも候補に挙がるだろう。だが、基本的には本人の意思が尊重されるので、ここで暮らす事を望むならば彼は選ばれないだろう。

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
衣織
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
日々のらりくらりと生きてます。

コメと酒の国で生活中。

カウンター

ブログ内検索