忍者ブログ

彼女をおとす方法の一つ

「フィーって、声フェチよね」

 突然告げられた自分の趣向に何と返答すればいいのか。

「どうして、そう思うの?」

「いや、思うとかいう予想じゃなくて確定。絶対フィーは声フェチよ」

 断言されたことに同意したらいいのだろうか。しかし、そのような事今まで言われたこともなければ自覚したこともない。

「だってあの人の良いとこを聞いた答えが①政治力②統率力③声って。最初のところは納得よ。でも何故に最後に声が入る?」

 そんなことを言われても、素直に答えるように言われたから浮かんだままに答えただけだ。

「あの人がフィーに対してしつこく話しかけるから、前々からそうじゃないかとは思っていたけど」

「どういうこと?」

 あの人に話しかけられる事が何故、自分が声フェチである事を予測させたのだろうか。疑問に思い、首をかしげながら問う。

「貴女はあんまり見ないから分からないかもしれないけど、あの人公的な場以外だとすっごく無口なんだから」




 

PR

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30

プロフィール

HN:
衣織
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
日々のらりくらりと生きてます。

コメと酒の国で生活中。

カウンター

ブログ内検索