忍者ブログ

(no subject)

「どうして連れ戻さないんですか!!」
 年若い男性が大きな声で言った。その表情は険しく、一目見ただけで男性が腹を立てていることが分かる。
 数百冊あるだろう本が棚に並んでいる書斎にいるのは、男性と妙齢の女性の2人だけだ。
「あの子の願いだからよ」
 妙齢の女性が男性の怒りを物ともしない。相手の激情に感化されず、冷静に対応する。
「ですが、一人でいる時間が多い分、誰もいない時に意識を失う可能性が高くなります。そんな状況にしておくのは危険です!」
「貴方はあの子を失う危険性を減らすために、あの子を連れ戻そうとしているのね」
 男性の力強い声音とは対照的に、女性は声のトーンが全く変わらない。


-------

ここで力尽きた。ケータイで長文書くもんじゃないね。
PR

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
衣織
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
日々のらりくらりと生きてます。

コメと酒の国で生活中。

カウンター

ブログ内検索