忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

四番目の女神


 彼には幼い頃からずっと、絶対に守りたい人たちがいた。


 ある晴れた日の午後、一人の青年が森の中で木の幹に額をつけて目を閉じていた。彼の周りで風が優しく吹き抜け、彼の髪を揺らす。
 あたりは静寂に包まれていたが、だんだんと足音が青年の耳に届く。ゆっくりとまぶたを開け、音のする方を見る。すると思ったとおり、青年の幼馴染が歩いてこちらに向ってくる。青年が自分に気がついたと知った幼馴染は、大きく息を吸いこんでまだ距離が離れている青年に声が届くように大声で叫んだ。

「カムイー!もうすぐ祭りの時間だぞー!!」

 青年はもうそんな時間かと小さく呟き、大きな声で返した。

「わかった!今行くから少し待ってくれ!」

 そう言うと青年はそれまで幹につけていた手をはずし木の大きく太い立派な根からすべるように降りた。地面に着地して少し息を吐く。それから今まで触っていた自分たちの御神体である巨大な木を見上げた。この木は自分たちが信仰する神が干渉できるものの一つらしい。

「いつも思うんだが、お前よく何時間もここでじっとしていられるよな」

 いつの間にか近づいてきていた幼馴染を見ると、呆れ顔で自分を見ていた。

「ここは村の中で一番優しいから、ついつい長居をしてしまう。さあ、早く帰ろうフェイト。あまり遅くなるとまた怒られてしまう」

「いや、もう神子様はカンカンだったぞ。ただ手さえ男手が足りないのに、お前が途中でいなくなったから」

 それを聞いたカムイは顔に手をあてて上を向いた。

「あちゃー・・・」

 この後、自分にふりかかるであろうことを思うと、このまま逃げ出したくなるが、そうすればもっと恐ろしいことになるのは確実だ。現状より悪くしないためにも大人しく村に帰るため足を進める。

「ばれないよう、こっそり出てきたのになぁ」

「あほ、2時間近くも姿が見えなかったらさすがに誰でも気付くわ」

 フェイトはカムイの頭を軽く殴る。軽く殴ったといっても、あまり手加減しなかったので結構痛かったのだろうか、カムイは少し恨めしそうな視線を送るが、見事に無視された。


 村の入り口に着くと、そこにはもう1人の幼馴染であるカメリアが立っていた。

「あ!2人ともおかえり」

 穏やかにほほ笑む彼女に手を挙げて答える。

「ほら、ゆっくり歩いてないで早くこっちに来なよ」 

 催促されやれやれと男2人は顔を見合わせた後、自分たちが来るのを待っていたのだろう彼女の所に少し駆け足で向かう。
 
 
PR

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
衣織
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
日々のらりくらりと生きてます。

コメと酒の国で生活中。

カウンター

ブログ内検索