忍者ブログ

アカネ色の空とおもいで


 春は始まりの季節。この年も、例年と変わらず、多くの人々が新しい学校や職場、土地で新しい生活を始める。初めてのことは不安や期待で心が揺れ動くことだろう。
 ひとりの少女が綺麗に咲いている桜並木の下を通っている。心地よい風が彼女の横を通り過ぎ、肩ほどしかない髪を揺らしていく。

「おはよう。今年も綺麗に咲いたね」

 桜の木を見ながら少女はにっこりと笑う。その表情は慈愛に満ちている。

「うわ!もうこんな時間だ。入学早々遅刻なんてシャレになんない」

 腕にしている時計を見た少女は走り出す。新しい世界に向けて。





 以前個人HPの方でUPしていた作品の冒頭。遡ること中学生のころ、恩田陸先生の「常野物語」の影響を受けて出来た話が紆余曲折し、世界規模の大掛かりな話に発展していったのですが、自分の想像力不足で始まりと終わりの真ん中がすかすかです。

 ちょっとずつ小出しにしていって、いつか完成させたいと思っている作品の一つっす。とりあえず、今は「終わってから始まる、愛」と「失われたものの守護者」の更新を頑張ります。


 

PR

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
衣織
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
日々のらりくらりと生きてます。

コメと酒の国で生活中。

カウンター

ブログ内検索